MENU

ハイパースキン脱毛について

ハイパースキン脱毛について

 

このページでは最新の脱毛方法であるハイパースキン脱毛を紹介します。
ハイパースキン脱毛は脱毛する期間も短く肌にやさしい脱毛です。

 

最近特に、脱毛時の肌トラブルに関して報道されていますが、
痛い脱毛で肌トラブルになるのが怖い方には、是非お勧めしたい脱毛方法です。

 

1.ハイパースキン脱毛と一般の光脱毛との違い

 

ハイパースキン脱毛は従来の光脱毛の方法とは全く異なる脱毛方法です。

今までの光脱毛

光脱毛はメラニン色素に反応する光を照射することで、
毛根がその光を吸収し毛を生やす細胞を焼き切って脱毛するという方法です。

 

毛根が元気で黒々している状態に光を当てることで効果を発揮します。

 

私達の毛には「毛周期」という毛の生え変わるサイクルがあり、
光脱毛は「成長期」と呼ばれる時期にある毛には効果がありますが、
「退行期」、「休止期」と呼ばれる毛が抜けるための準備期間や
次に生やすために毛根が休んでいる期間に光を当ててもほとんど効果がありません。

 

そのため、2〜3ヶ月程度の期間を空けて「成長期」に施術しないと効果ないため
脱毛が完了するまでに1年半〜2年という長い期間を要します。

 

ハイパースキン脱毛は今までの光脱毛とは違い、
「今生えている毛には何もせず、これから生えてくる毛の種」
にアプローチする新しい脱毛方法です。

 

毛周期の「休止期」と呼ばれる休んでいる毛根には
次に生えてくる毛の「種(発毛因子)」があります。

 

この発毛因子を刺激することで細胞分裂を減退させ
毛が生えるのを抑制するという脱毛方法です。

 

ハイパースキン脱毛について

 

このように従来の光脱毛と違うハイパースキン脱毛は様々なメリットがあります。

 

ハイパースキン脱毛のメリット

 

1.痛くない

 

ハイパースキン脱毛の最大のメリットは「痛くない」という点です。
従来の光脱毛は毛根を60℃〜80℃の高温の熱で焼くため痛みがあります。

 

痛みは施術箇所によっても異なりますが痛さのあまり途中で辞めてしまう人がいたり、
ヤケドなどの肌トラブルの原因になる可能性があります。

 

ですが、ハイパースキン脱毛は「毛の種」のみに刺激を与えるため
高熱で焼く必要がなく、36℃〜38℃という低温のため痛みがほとんどないのが特徴です。

 

脱毛方法を選ぶときに痛みは気になる点の一つです。
痛いのが苦手な人にとっては最適な脱毛方法の一つです。

 

2.今まで脱毛ができなかった人も出来る

 

ハイパースキン脱毛は肌に優しい脱毛方法のため、
アトピーなどの肌トラブルを抱えている人でも出来る可能性が高いです。

 

肌トラブルで脱毛を断られていた人でも脱毛出来るかもしれません。

 

他のクリニックやエステサロンでお断りされ続けていた方は、
ハイパースキン脱毛を行っているサロンに問い合わせてみてください。

 

3.脱毛+美肌効果も

 

ハイパースキン脱毛は、脱毛だけじゃなく美肌効果が期待出来ます。

 

脱毛する際に照射する光は肌の内部のコラーゲンの生成を助けるという効果があります。
脱毛を続けていくにつれて肌にハリが出てくる効果が期待出来ます。

 

また、光がメラニンなどに働きかけることによって、
色素沈着や赤ら顔などの改善効果も期待出来ます。

 

4.産毛にも効果アリ

 

従来の光脱毛は産毛の脱毛が苦手でした。
産毛は色が薄いためメラニン色素の反応する光脱毛器では
充分なダメージを与えることが出来ないため産毛への効果が薄いのです。

 

ハイパースキン脱毛は、色素は関係なく毛の種のみにアプローチして脱毛するため、
産毛の脱毛が可能なんです。

 

また、光脱毛は白髪の脱毛も苦手としていますが
ハイパースキン脱毛は白髪でも脱毛が可能です。

 

 

ハイパースキン脱毛のデメリット

 

ハイパースキン脱毛はこれから生えてくる毛の種を摘み取るという脱毛方法のため、
今生えている毛に対しては効果がありません。

 

そのため施術後の効果を実感しにくいというデメリットがあります。

 

今生えている毛は自然と抜け落ちるのを待って、
次に生えてくる毛の種を摘み取るというアプローチです。

 

毛周期の「休止期」にのみ効果があるハイパースキン脱毛は
今すぐに脱毛効果を実感したい人には不向きな脱毛方法です。

 

回数を重ねて休止期の毛穴を確実に処理し、気長に効果を待つという脱毛方法です。

 

ハイパースキン脱毛の回数と期間

 

光脱毛の場合「毛周期」に合わせて施術するため、
2〜3ヶ月の間隔を空ける必要があります。

 

一方、ハイパースキン脱毛は3〜4週間という短い間隔で
次の処理が出来るため短い期間で脱毛することが可能です。

 

光脱毛は1年半〜2年という長い期間を要しますが、
ハイパースキン脱毛は年間12回の処理が可能な脱毛方法です。

 

脱毛箇所や個人差があるため断定は出来ませんが
目安としてハイパースキン脱毛は6回で40%、
12回で80%、18回で95%のムダ毛を処理出来ます。

 

18回処理しても1年弱で95%の毛穴にアプローチ出来るため、
光脱毛より短期間で脱毛が完了します。

 

ハイパースキン脱毛について

ハイパースキン脱毛について

 

ハイパースキン脱毛は顔の脱毛にオススメ

 

ハイパースキン脱毛は「顔」の処理が出来るという特徴があります。

 

顔のムダ毛したいという方のほとんどは「産毛」にお悩みだと思います。
光脱毛で顔の産毛は不可能ではないですが、苦手分野です。

 

ハイパースキン脱毛は産毛の脱毛が可能なため、
顔の脱毛に適した脱毛方法なんです。

 

ホクロやニキビ跡にはメラニン色素が固まっていて、
光脱毛で処理するとヤケドのリスクがあるため施術を断られる可能性がありますが、
ハイパースキン脱毛はその心配がないというのもメリットです。

 

顔の皮膚は体の中でも敏感な箇所の一つです。
顔の光脱毛は痛みを感じやすいため、ほぼ無痛のハイパースキン脱毛がオススメです。

 

また、ハイパースキン脱毛にはエステや美容クリニックで行われる
「フォトフェイシャル」効果が期待出来ます。

 

フォトフェイシャルとは光を照射することで肌のターンオーバーを促し、
きめ細やかな肌にしたり、シミやソバカスの改善といった効果のことです。

 

ハイパースキン脱毛器の光にはフォトフェイシャル効果がある
光も含まれているので顔の脱毛に向いている脱毛方法です。

 

ハイパースキン脱毛の効果VIOライン編

 

女性のデリケートゾーンのことは「Vライン」・「Iライン」・「Oライン」
という3つに分類することが出来ます。

 

これらを総称して「VIOライン」「ハイジニーナ脱毛」と呼びます。

 

海外ではVIOラインの手入れはもはや当たり前のように行われています。
日本はVIOラインの手入れに関しては後進国なんです。

 

ビキニラインとも呼ばれるように、水着を着用する際は
キレイに手入れしておくことではみ出ることを防ぐことが出来ますし、
どんな水着も自信を持って着ることが出来ます。

 

VIOラインは体の中でも特に敏感なラインのため、脱毛時にかなり痛い箇所です。
光脱毛やレーザー脱毛で脱毛すると痛さのあまり途中で辞めてしまう人がいます。

 

光脱毛やレーザー脱毛は肌への刺激が強いためデリケートゾーンでは
肌トラブルが起こりやすい箇所です。

 

痛みの強い箇所であるVIOラインは、ハイパースキン脱毛で痛くない脱毛をオススメします。

 

ここからはレーザー脱毛・ニードル脱毛・光脱毛で起こりやすい肌トラブルについて
2017年5月の一般紙の報道について抜粋で記載します。

 

 

エステや医療機関で脱毛 やけどなど 5年間に964件

ハイパースキン脱毛について

2017年5月12日 NHKニュースより引用

 

 

エステティックサロンや医療機関で脱毛を行い、やけどをしたなどの相談が
およそ5年間に960件余り寄せられ、国民生活センターは、利用者に注意を呼びかけています。

 

国民生活センターによりますと、エステティックサロンや医療機関で脱毛を行い、
やけどをしたなどの相談が、ことし2月までのおよそ5年間に
全国の消費生活センターに964件寄せられています。

 

中には、1か月以上の治療期間を要したケースや傷痕が残ったケースもあるということです。

 

皮膚の内部にある毛を作る細胞を破壊する際に生じるやけどなどのリスクを
、医療機関が十分に説明していないケースのほか、
エステで、医療機関でしか認められていないような脱毛を行い、
トラブルになるケースが目立つということです。

 

国民生活センターは、事業者に対して利用者への十分な説明や法律に基づいた
適切な施術を行うよう求めるとともに、利用者に注意を呼びかけています。

 

国民生活センターの小野寺愛衣さんは「脱毛は潜在的にやけどや皮膚トラブルのリスクがある。
リスクがあることを十分に理解したうえで施術を受けることが大切だ」と話しています。

 

脱毛でやけどや痛み、相談相次ぐ エステで医療行為も

 

2017年5月11日 朝日新聞WEB版より引用

 

脱毛の施術を受け、やけどや炎症などを負ったというトラブル相談が、
国民生活センターなどに相次いで寄せられている。
同センターは「リスクと効果を確認して、施術を受けるか決めて」と呼びかけている。

 

2012年4月〜今年2月に、エステサロンでの施術に関する相談が680件、医療機関が284件あった。

 

脱毛施術には、レーザーや光を毛根へ当てる方法のほか、毛穴に電流を流す電気脱毛がある。
「永久脱毛」など、毛の組織を破壊することは、医療行為にあたり、医療機関にしか認められていない。

 

昨年受け付けた相談では、神奈川県の20代の女性はエステでひざ下の永久脱毛を受けた。
電気脱毛で足が赤く腫れ上がり、皮膚科を受診したが3年半経っても痕が残ったという。
ひげのレーザー脱毛でやけどを負ったという男性もいた。

 

国民生活センターが今年、過去3年に脱毛施術を受けた男女1千人にアンケートしたところ、
4分の1が「やけどや痛みなどの身体症状が出た」と回答した。
関連ニュース