脱毛のおススメはコチラ・脱毛エステから医療脱毛までを徹底解説

脱毛の種類と方法について、

 

脱毛をしたいと思っても、いろいろな種類があるので何が自分のニーズにあったところなのか
はっきりと判断することって難しいですよね。
このサイトでは脱毛サロンとクリニックでの医療脱毛を
できるだけわかりやすく解説します。

 

 

まず、脱毛サロンの光脱毛と医療機関でのレーザー脱毛について

 

光脱毛・・・脱毛サロンで主に行われる脱毛方式です
代表的な脱毛方式にIPL脱毛とSSC脱毛があります。
IPL脱毛もSSC脱毛もどちらも「光脱毛」と言われていて脱毛効果はほぼ同じと言われています。

IPL脱毛について

 

IPL脱毛のIPLとは「intense pulsed light(インテンスパルスライト)」の略です。

 

IPLという特殊な光をあて、毛根などのメラニン色素に反応させて、
毛の成長のもとになる毛乳頭に熱を加えます。

 

毛乳頭は光による熱ダメージを受けると毛を再生する力が
抑えられ脱毛の効果を発揮するという仕組みになっています。

 

これは医療機関で行うレーザー脱毛、医療脱毛と同じ仕組みです。

 

ただIPL脱毛は医療脱毛で使用する脱毛器よりも光の出力よりも弱いので
医師以外のエステティシャンでも取り扱うことができるのです。

 

SSC脱毛について

 

SSC脱毛のSSCとは「smooth skin control(スムーススキンコントロール)」の略です。

 

IPL脱毛やレーザー脱毛と同様にメラニン色素の反応する特殊な光を照射し脱毛しますが
一番の違いは、SSC脱毛は脱毛箇所にジェルを塗ります。

 

ジェルには抑毛成分が含まれていて、ジェルの上から光を照射すると
肌に浸透し光とジェルの抑毛成分の相乗効果によって脱毛していきます。

 

IPL脱毛よりも痛みが少ないという特徴があります。

特に、肌の色が濃い人はメラニン色素が多いためIPL脱毛だと痛みが強くなる傾向があります。

産毛はSSC脱毛のほうが良い

産毛は毛根も小さくIPL脱毛だと上手く光で熱を加えることが出来ない可能性が高いです。
SSC脱毛は光と一緒に抑毛成分があるジェルを肌に浸透させるため産毛にも効果が期待出来ます。

 

IPL脱毛とSSC脱毛まとめ

 

・IPL脱毛とSSC脱毛の効果はほとんど変わらない。
・IPL脱毛は肌の色が濃い人のほうが痛みが強くなる
・背中などの産毛にはSSC脱毛のほうが効果アリ

 

 

レーザー脱毛・・・主にクリニックと呼ばれる医療機関で行われる永久脱毛のこと。

 

レーザー脱毛は「医療脱毛」と呼ばれ、医師のみが施術出来る医療行為です。
レーザー脱毛とは黒色や茶色など特定の色や物質にのみ反応する
波長を持ったレーザーを照射することによって、メラニン色素のような黒い部分が光を吸収します。
その光が熱に変わる、熱反応という性質を利用して毛根や毛を破壊して脱毛するいう脱毛方法なんです。

 

光脱毛より短時間で処理出来る

光脱毛とレーザー脱毛は根本的な原理は一緒の脱毛方法です。
しかし、光脱毛は医師の免許がないエステティシャンが施術するため、
光の出力が制限された機器を使用します。

 

光脱毛より高出力のレーザーを発生させることが出来るレーザー脱毛は
処理時間が短いため体に掛かる負担を抑えることが出来るというのが特徴です。
また、トータルでの処理回数も光脱毛より少ない回数で
永久脱毛出来るので出来るだけ短期間で永久脱毛したい人向きの脱毛方法なんです。

 

レーザー脱毛の種類

レーザー脱毛と一言に言っても施術を行う医療機関や人によって
使用する脱毛機械は様々です。

 

ここでは日本で使用されている主力3機種をご紹介します。
これからレーザー脱毛を行う医療機関を選ぶ際の参考にしてみてください。

 

ダイオードレーザー

 

ダイオードレーザーの特徴は他の脱毛器と比較して痛みが少ないという点があります。
また、ある程度のうぶ毛まで対応可能というのもメリットでしょう。
また肌の負担が少ないというのも特徴です。
アレキサンドライトレーザーと比較すると処理範囲が狭いため施術に時間が掛かるというデメリットがあります。

 

アレキサンドライトレーザー

 

アレキサンドライトレーザーはダイオードレーザーより痛みを伴います。
ですが、施術範囲が広いため施術時間は短いというのが特徴です。
また、美肌効果も期待出来るため脱毛と一緒に美肌効果を期待している人向けの脱毛機です。

 

ロングパルスヤグレーザー

 

ロングパルスヤグレーザーは肌の色を選ばないで脱毛出来るというメリットがあります。
日焼けした人などに対応出来るというメリットがあります。
光が他の機械よりも奥まで届くため男性のヒゲに最適な種類です。
デメリットとしてはダイオードレーザーよりも痛く、効果の持続性も短いという点が上げられます。

 

レーザー脱毛と光脱毛の施術間隔について

 

 

レーザー脱毛を効率よく行うためには毛周期が重要です。
一度レーザー脱毛を行うと「退行期」、「休止期」の毛が
また成長期になるのを待ってから次の施術日を行います。

 

また、一度施術すると肌にもダメージがあるため
それを休ませるためには2ヶ月〜3ヶ月の間を置かなければなりません。

 

毛周期とは

 

毛は一定の期間成長し続けると退行期に入り、自然に抜け落ちます。
そして、数週間〜数ヶ月休んだ後、再び生え始めます。
これを毛周期といい、毛が成長している期間を成長期、休んでいる期間を休止期といいます。
例えばワキの場合、体毛は、全体の約1/3が表面に出ているに過ぎません。
残りの約2/3は皮膚の中で休んでいたり、毛を伸ばす準備をしています。

 

脱毛のおススメはコチラ・脱毛エステから医療脱毛までを徹底解説

 

脱毛は、上記の毛周期の図の毛包の中に毛がしっかりあるタイミングで行います。
※部位によって期間は異なります。

 

永久脱毛の種類・・・レーザー脱毛とニードル脱毛の2種類がある。

 

永久脱毛には「レーザー脱毛」と「ニードル脱毛」の2種類あります。

 

ニードル脱毛・・・毛穴に針を刺し込んで毛根を焼き切るという脱毛方法で、
一昔前は主流だった脱毛方法です。

 

しかし、毛穴を一個一個を処理していくため、膨大な時間と費用がかかります。
また、強烈な痛みを伴う脱毛方法なので今ではあまり人気がありません。

 

レーザー脱毛・・・元気な細胞を破壊する行為ですので個人差はあれど
「痛みを伴う」行為であることに間違えありません。

 

様々なサイトで痛みが少ないといったような表現がなされていますが
それは従来の「針脱毛(ニードル脱毛)」と比較しているからという理由です。

 

・レーザー脱毛では針を使用せず光で代用しますので針と比較すると当然痛みは軽減されますが、無痛というワケには行きません。
特に女性のVIOラインなど敏感な部分は特に痛みますので無痛で脱毛出来るとお考えの方は気をつけてくださいね。

 

 

永久脱毛の実態

 

永久脱毛と聞くと二度とムダ毛が生えてこないと思っている人が多いです。
ですが、永久脱毛の定義は「最終脱毛から1か月後の時点での毛の再生率が20%以下の場合」とされています。
逆に言えば20%は生えてくる可能性があっても永久脱毛と呼ぶことが出来るんです。

 

この永久脱毛の定義は「米国電気脱毛協会」で定められたものです。

 

そのため、この定義の20%以内の場合は永久脱毛と呼ぶことが出来るため
医療脱毛と脱毛サロンは同列のようにみなされていますが、効果が高いのは医療脱毛です。

 

 

医療クリニックのレーザー脱毛と脱毛サロンの光脱毛の違い

 

1.脱毛サロンのほうが脱毛機の出力が弱い

ほぼ完全に毛を生えなくする「永久脱毛」は、クリニックのレーザー脱毛になります。
レーザーは、波長が単一で、まっすぐ一方向にエネルギーを持ったまま進む光のことを言います。
一方、脱毛サロンで使っているのは、フラッシュライトといって、
紫外線〜可視光線〜近赤外線までの光の種類になります。

 

レーザーとは違い、より自然光に近く、波長が複数にわたり、四方八方に広がるため、エネルギーが弱まります。
そのため、毛を生えなくする力はレーザーより弱いです。

 

2. 脱毛サロン光脱毛は回数がかかる
エステの光脱毛は出力が弱いので、多くの場合12〜18回、
ムダ毛がほぼない状態にするまでかかりますが、
医療レーザーの場合、8〜10回で施術終了することもあります。
施術を受ける期間も多少の差はありますが、約1〜2ヶ月おきとして、
エステサロンは2年から3年、クリニックは1年から1年半前後で、脱毛完了するのが目安です。

 

3. 医療レーザー脱毛のほうが痛い

 

医療用レーザーのパワーは光脱毛の光と比べて強く、
「熱い天ぷら油がはねてきたような痛さ(熱さ)」、「強い力で弾かれるような痛み」
と表現するレーザー脱毛経験者もいます。

 

光脱毛の場合は、光を当てた箇所が少し熱い、もしくは温かいという程度で、
痛みをほとんど感じなかったり、輪ゴムでパチンとはじかれる程度の刺激という方がほとんどです。

 

いずれにせよ、痛みには個人差がありますので、施術の時に痛ければ出力を調整してもらえるので、
我慢せず伝えるようにしましょう。

 

4. クリニックの医療レーザー脱毛はエステサロンの光脱毛より値段が高め

 

エステの光脱毛は、料金がとてもお得になっている場合がほとんどです。
複数部位のコースでも、数万円代でおさまることも。
一方、医療レーザー脱毛は、光脱毛に比べると料金は高めで、多くの場合、1部位でも数万円単位が基本です。

 

5. 医療脱毛と美容脱毛の違い

 

法律的に言うと、エステは「特定継続的役務提供」にあたって、
期間が1ヶ月以上・金額が5万円以上の契約は、
8日間は無条件に契約を撤回できる「クーリングオフ」の対象になっているのですが、
クリニックでは医療契約であるという理由で、
クーリングオフの対象にならない場合もあります。

 

施術については、脱毛サロンでは最後に保湿ケアをしてくれるサロンが多いですが、
クリニックではそういった美肌ケアはやってくれないところが多いです。

 

トラブルに対してのケアとしては、クリニックのほうが事前のカウンセリングも含め
医師の診察が受けられますし、万一トラブルがあれば、
同じクリニックで無料で治療が受けられるので、より安心かもしれません。

 

※もちろんエステサロンでも、提携医療機関での治療保証がついていたり、
トラブルへの対応をしっかり行っているサロンも多々あります
※クリニックの方が、出力が高く危険が伴うレーザーを使用するので、
よりトラブルの危険性が高いという面もあり、一概にクリニックの方が安全とは言えない場合もあります。

 

以上の違いをまとめると、

 

・エステサロンの方が安くて痛くない。美肌ケアをしっかりやってくれたり、接客が丁寧。
・クリニックの方が脱毛の出力が高い分、効果が高くて、早く脱毛完了できる。
痛みやトラブルの危険はあるが、医師のもとなので安心。

 

 

 

脱毛のトラブルについて
ここからは、平成29年5月に発表された国民生活センターの、脱毛に関するトラブルについての公式発表のページ
から参考になる資料を転載します。

 

1.脱毛について
脱毛は、大きく分けて、医療機関と医療機関以外(エステ)
の2つの施設で行われています

脱毛のおススメはコチラ・脱毛エステから医療脱毛までを徹底解説

 

高い脱毛効果を得るためには、皮脂腺開口部から毛乳頭の間
にあるバルジ領域に存在する、毛を形作る細胞である
「毛包幹細胞」を熱変性(破壊)する必要がありますが、
「毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為」は「医行為」
に該当するため、医療機関でしか行うことができません。エステで行うことがで
きるのは、光を照射すること等による一時的な除毛・減毛など、
医行為に該当しない範囲の施術のみです。

 

医療機関で行われる脱毛は、人体の組織を破壊する行為であるため、
やけどや腫れ、赤みなどの皮膚トラブルが起きる可能性があるとされていますが、
トラブルが起きた際も直ちに医師の診察を受けることができます。

 

医行為・・・医師の医学的判断及び技術をもってするのでなければ
人体に危害を及ぼし、又は危害を及ぼすおそれのある行為 。

 

脱毛のおススメはコチラ・脱毛エステから医療脱毛までを徹底解説

 

エステと医療機関で行われる脱毛の違い

  エステ 医療機関
概要
医行為に該当しない範囲の施術
厚生労働省の通知では、以下の脱毛行為は「医行為」に該当するとされている。
毛のうへ針を挿入し電気を通し毛乳頭部を破壊する方法による脱毛行為(注5)
 
用いる機器が医療用であるか否かを問わず、レーザー光線又はその他の強力なエネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為
(注6)
代表的な施術
○光脱毛
一般社団法人日本エステティック振興協議会の美容ライト脱毛自主基準
(「9.参考資料」(4)、9)参照)
では、
「美容ライト脱毛とは、除毛・減毛を目的に皮膚に負担を与えず毛の幹細胞を破壊しない範囲で、
エステティックサロンで行われる光脱毛をいう。」
と定義されている。
○レーザー脱毛
特定の色素に反応するレーザーの性質を利用した脱毛方法。
皮下の黒い毛のメラニン色素に
レーザーが吸収されて熱を持ち、
毛包全体に熱が伝わり毛乳頭などを破壊する。
○光脱毛
IPL、フラッシュなど、多数の波長の可視光線を照射することで
毛乳頭などを破壊し、脱毛する方法。
○電気脱毛
毛穴に針を通して電流を流すことで毛乳頭などを破壊し、脱毛する方法。

 

 

 

(注5)「いわゆる『永久脱毛』行為について」(昭和59年11月13日付医事第69号 )(「9.参考資料」(4)、1)参照)
(注6)「医師免許を有しない者による脱毛行為等の取扱いについて」
(平成13年11月8日付医政医発第105号 (「9.参考資料」(4)、2)参照)